整形外科・リハビリテーション │ 北千住
アクセス・診療時間
整形外科・リハビリテーション │ 北千住
〒120-0034 東京都足立区千住3-98-301
千住ミルディスニ番館3F メディカルフロアー

当院について

CLINIC

より多くの方に、

安心の「名倉の医療」を。

名倉の医療は、およそ250年前より千住の地で親しまれてまいりました。
長い歴史の中で培われた知識や技術をベースに、
最新の医療設備やリハビリテーションで、
幅広い世代の方に寄り添った治療を行います。

ご挨拶

理事長 兼 院長
名倉 直孝 Nagura Naotaka

当院は時代の変化と共に骨つぎから整形外科へと形を変え、今日まで永きに渡り医業を営んでまいりました。

現在、私が千住・名倉医院の8代目を受け継いでおります。

皆さまのより身近なところで名倉の医療をご提供できればと、2004年より北千住駅から直結した「駅前クリニック」を設けております。
今後も、地域に貢献しながら、患者さまひとり一人にお力添えができるよう、心を尽くしてまいります。

名倉医院の歴史

業祖 名倉直賢(1750-1828)

明和7年(1771)業祖名倉直賢(1750-1828)が、千住の地で接骨業をはじめる。幼少期より武術に興味を持ち、楊心流柔術及び剣術で免許皆伝の腕前を持っていた直賢は、柔術の中から骨関節損傷の治療法「骨接ぎの術」を取得。明和9年(1772)の目黒行人坂の大火では、薬法や接骨の技術を生かして怪我を負った人々の治癒に当り、この時の経験から人助けの使命感を強く自覚。その後、高名な幕府医官多岐安叔の下で医学を修行し、薬方を学び後の秘伝の膏薬を編み出すなど業績を残した。

第四代 名倉彌一(1839-1902)

独自の「黒膏」という練薬や、副木と包帯を用いた患部固定術は評判を呼び、名倉彌一の時代には、
骨折や脱臼を負った人々が関東一円から千住を訪れるようになる。
夜が明けると、患者を運ぶ戸板や駕籠の行列で旧道が埋まり、遠方から訪れる人のための宿泊施設が
付近に設立されたと言われている。

第五代 名倉謙蔵(1866-1939)

時代が明治に移り、医学教育制度が大きく改正される中、名倉謙蔵は、東大医学部の前身である東大の別科を卒業し、最新の医学知識を学んだ。その後、名倉家は代々整形外科の専門医院として家業を継ぐ。

第六代 名倉重雄(1894-1985)

名倉重雄は大正8年(1919)、東大医学部を卒業後、県立愛知医科大学(現名古屋大学)医学部の初代整形外科主任教授、東京厚生年金病院初代院長を歴任。昭和25年(1950)には、骨端症の研究に対し、日本学士院賞を受賞した。

業祖名倉直賢(1750-1828)

第五代名倉謙蔵
(1866-1939)

第六代名倉重雄
(1894-1985)

名倉家の門
名倉医院
本院について
整形外科・リハビリテーション
1770年創業当時の志を受け継ぎながら、地域の整形外科医として千住の地で医業を営んでいます。
整形外科全般、リハビリテーション
〒120-0034
東京都足立区千住3-98-301
千住ミルディスニ番館3F
北千住駅より徒歩2
(メディカルフロアー)
診療時間
9:30〜13:00
14:00〜18:00
【休診】水・日・祝(土は午後休診)
※受付は開始10分前から終了30分前までです
※予約は承っておりません
院長 名倉
直重
名倉
奈々
名倉
直重
名倉
直重