名倉こぼれ話
名倉医院
名倉医院駅前クリニック

夏目漱石と名倉医院

夏目漱石

明治期に活躍した小説家 夏目漱石は、幼少期に廊下から庭に落下して足を骨折し、千住の名倉で治療を受けました。

その時の経験を自伝ともいわれる小説『道草』に記しています。

カテゴリー

月別一覧

公式アカウントはこちら