名倉こぼれ話
名倉医院
名倉医院駅前クリニック

カテゴリー: 共通の記事一覧

谷文晁と名倉家

高い画力と、広い交友関係から江戸後期の文人社会で、中心的な役割を果たした谷文晁(1763~1840)。 江戸下谷に生まれ、幼少期に狩野派の絵画に学び、その後円山派、琳派、四条派さらに西洋画や朝鮮画も学んだうえで、全ての画 […]

村越向栄と名倉「月次景物図」

千住に根差した画家として知られる村越其栄(1808~1867)の息子、村越向栄(1840~1914)もまた、この地域の商家と繋がりを持ち、文化活動の中心的な役割を果たしました。 父、其栄に学び、琳派の画家として活動する傍 […]

名倉素朴翁還暦祝賀色紙帖 政財界人から芸能者まで

千住第四代名倉彌一は、代々の当主が号した「名倉素朴」の名を受け継ぎました。 医業に励む一方、俳人としても活動し、江戸の藩主や医師、政財界人、芸術家など幅広い分野の人々と親しく交流を持ちました。 その交友関係の広さは、彌一 […]

公式アカウントはこちら