整形外科・リハビリテーション │ 北千住
アクセス・診療時間
整形外科・リハビリテーション │ 北千住
〒120-0034 東京都足立区千住3-98-301
千住ミルディスニ番館3F メディカルフロアー

診療内容

MEDICAL

扁平足

扁平足

扁平足は、足のアーチ構造に異常が生じて土踏まずがなくなった状態をいいます。足のアーチは足裏を着地した際の衝撃吸収や力の伝達に重要な役割を果たしており、後脛骨筋腱がアーチ形成に重要な役割を果たしています。成人の扁平足の原因は主に後脛骨筋腱の機能不全です。小児の扁平足は成長とともに改善されることが一般的ですが、成人は様々な症状を引き起こし、手術が必要になる場合もあります。

アーチの図

    どのような人に多いか

    成人の扁平足は中年以降の女性や肥満体型の方に多く見られます。また足の外傷を受傷した後や関節リウマチの方にも発症のリスクが高まります。

    主な症状

    小児の扁平足の大半は症状がなく成長とともに改善しますが、まれに改善しない場合には歩行の不安定さや姿勢の悪さが現れることもあります。 成人の扁平足は足関節内側の後方に痛みや腫れが認められ、歩行で痛みが悪化します。足の裏や外側にも痛みを認めることがあり、まれに歩行障害となることがあります。

    診断

    痛みの部位や立った状態で土踏まずのアーチが形成されていないことを確認します。画像検査はレントゲン写真で足底のアーチなど骨格の評価を行います。後脛骨筋の状態や炎症所見の確認はMRI画像検査が有用です。

    治療

    小児の扁平足は治療の必要がほとんどなく自然経過を観察します。成人の場合は痛みの程度に応じて鎮痛剤や湿布を使用し、装具療法や運動療法(下腿三頭筋ストレッチや後脛骨筋の機能改善)などによる保存的治療が行われます。腱鞘内ステロイド注射も行われることがありますが、ステロイドの副作用(腱の断裂や局所感染、皮膚の色調変化など)もあり頻回に行うことはできません。保存的治療が不十分な場合や後脛骨筋の完全断裂を認める場合は手術が検討されます。手術は長趾屈筋腱移行術や踵骨内側移動骨切り術、骨移植を行う外側支柱延長術、関節固定術などがあります。

    予防のために

    適切な靴の選択や足の筋力トレーニングが重要です。中年以降の方は足の健康を維持するために適度な運動や体重管理に努めることが推奨されます。症状が現れた場合は早期の診断と治療のため整形外科を受診してください。

    当院のご紹介

    症状やご不安がある場合は、お気軽にご相談ください。

    およそ250年前から千住の地で親しまれてきた名倉医院の分院として、その歴史の中で培われた知識や技術を土台として最新の医療を提供しております。

    ※手術やより高度な治療が必要と判断された場合は、適切な医療機関へご紹介させていただいております。

    名倉医院駅前クリニックへのアクセス

    首・肩に関わる症状
    腕・手に関わる症状

    ・手の痛み、しびれ

    腰に関わる症状
    脚・足に関わる症状
    他の症状

    北千住駅西口、地下鉄ミルディス方面出口より徒歩2〜3分。西口ペディストリアンデッキにて、ルミネとマルイの間にあるミルディス二番館への連絡通路よりお越しください。

    整形外科全般、リハビリテーション
    〒120-0034
    東京都足立区千住3-98-301
    千住ミルディスニ番館3F
    fax.03-5813-7714
    北千住駅より徒歩2
    (メディカルフロアー)
    診療時間
    9:30〜13:00
    14:00〜18:00
    【休診】水・日・祝(土は午後休診)
    ※受付は開始10分前から終了30分前までです
    ※予約は承っておりません
    AM
    院長
    PM
    理事長
    院長 院長 院長 院長
    院長:名倉直重 理事長:名倉直孝