整形外科・リハビリテーション │ 北千住
アクセス・診療時間
整形外科・リハビリテーション │ 北千住
〒120-0034 東京都足立区千住3-98-301
千住ミルディスニ番館3F メディカルフロアー

診療内容

MEDICAL

腰椎椎間板ヘルニア

坐骨神経痛

腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎と呼ばれる5つの骨の間にある椎間板が通常よりも後ろに飛び出し神経を圧迫して炎症が起きて引き起こされる疾患です。腰痛や臀部から下肢にかけての痛みや痺れが生じます。椎間板は加齢とともに弱くなり、不良姿勢や腰への負荷が慢性的にかかることで、髄核と呼ばれる組織が後方へ突出するのです。

    どのような人に多いか

    活動的な20代から40代の男性に特に多くみられますが、10代や50代にも発生します。原因は激しいスポーツ、重労働、デスクワーク、車の運転、喫煙など様々で、遺伝的な要素も関与しています。

    主な症状

    代表的な症状は坐骨神経痛と呼ばれ、臀部から太もも、下腿から足首にかけての痛みや痺れを認めます。症状の部位は状態により異なり、足に力が入りにくい(麻痺)、排尿コントロールが困難(膀胱直腸障害)といった場合には早期手術の適応となります。

    診断

    症状や発症様式、経過の問診と身体診察に加えて、レントゲン写真や必要に応じてMRIやCT画像検査が行われます。診断が難しい場合は造影剤を使用する検査や神経根ブロック注射も検討されます。

    治療

    コルセットを使用して腰の安静を保ちつつ、痛みを引き起こす動作をしないように気を付けます。薬物療法としては非ステロイド性消炎鎮痛薬や神経障害性疼痛治療薬の内服があります。その他理学療法や物理療法(牽引)、神経根ブロック注射(診断的治療目的)なども行われます。これらの治療を一定期間行っても効果がない場合は手術が検討されます。

    予防のために

    普段の生活で不良姿勢や腰に負担のかかる動作を避け、適度な運動習慣を身につけましょう。喫煙は椎間板の変性を促進し、発症リスクを高めます。早期の症状がある場合は迅速な医療機関への受診が重要です。

    当院のご紹介

    症状やご不安がある場合は、お気軽にご相談ください。

    およそ250年前から千住の地で親しまれてきた名倉医院の分院として、その歴史の中で培われた知識や技術を土台として最新の医療を提供しております。

    ※手術やより高度な治療が必要と判断された場合は、適切な医療機関へご紹介させていただいております。

    名倉医院駅前クリニックへのアクセス

    首・肩に関わる症状
    腕・手に関わる症状

    ・手の痛み、しびれ

    腰に関わる症状
    脚・足に関わる症状
    他の症状

    北千住駅西口、地下鉄ミルディス方面出口より徒歩2〜3分。西口ペディストリアンデッキにて、ルミネとマルイの間にあるミルディス二番館への連絡通路よりお越しください。

    整形外科全般、リハビリテーション
    〒120-0034
    東京都足立区千住3-98-301
    千住ミルディスニ番館3F
    fax.03-5813-7714
    北千住駅より徒歩2
    (メディカルフロアー)
    診療時間
    9:30〜13:00
    14:00〜18:00
    【休診】水・日・祝(土は午後休診)
    ※受付は開始10分前から終了30分前までです
    ※予約は承っておりません
    AM
    院長
    PM
    理事長
    院長 院長 院長 院長
    院長:名倉直重 理事長:名倉直孝