整形外科・リハビリテーション │ 北千住
アクセス・診療時間
整形外科・リハビリテーション │ 北千住
〒120-0034 東京都足立区千住3-98-301
千住ミルディスニ番館3F メディカルフロアー

診療内容

MEDICAL

石灰沈着性腱板炎

肩の痛み

石灰沈着性腱板炎は、肩の腱板やその周囲にリン酸カルシウムが原因不明で沈着する疾患です。夜間に急に発症し、どの姿勢でも改善しない激しい痛みがあり不眠の状態で翌日来院されることがよくあります。多くは自然に治りますが、激痛で苦しい状態に陥る疾患です。

石灰沈着性腱板炎のレントゲン写真例 石灰沈着のレントゲン写真

    どのような人に多いか

    40-60歳代の女性に比較的多く見られますが、特に誘因なく突然発症することが一般的です。

    主な症状

    急性期では肩の激しい痛みと動かしにくさが現れ、夜間の痛みが睡眠を妨げます。腕がどの位置でも痛みが改善せず、反対の手で痛みのある肩を押さえながら来院されることもあります。

    診断

    誘因がなく突然発症する肩の激痛が特徴で、診断は比較的容易です。レントゲン写真や超音波画像検査で石灰の存在を確認します。

    治療

    保存療法が主流で、まずは消炎鎮痛薬の内服・外用、ステロイドの局所注射、石灰の吸引が行われます。肩を安静にするために一時的に三角巾を使用することもあります。痛みは比較的迅速に改善しますが、症状が持続する場合には生理食塩水で石灰を洗い流す潅流や、体外衝撃波療法も検討されることがあります。これらが無効な場合は手術が考慮され、関節鏡による石灰の除去が行われます。

    予防のために

    原因が特定できていないため予防法は確立されていません。定期的な運動や姿勢の維持、適切なストレッチを行い、肩関節のコンディションを保つことが一般的に重要ですが、本疾患の症状が現れた場合は早急に医療機関を受診してください。

    当院のご紹介

    症状やご不安がある場合は、お気軽にご相談ください。

    およそ250年前から千住の地で親しまれてきた名倉医院の分院として、その歴史の中で培われた知識や技術を土台として最新の医療を提供しております。

    ※手術やより高度な治療が必要と判断された場合は、適切な医療機関へご紹介させていただいております。

    名倉医院駅前クリニックへのアクセス

    首・肩に関わる症状
    腕・手に関わる症状

    ・手の痛み、しびれ

    腰に関わる症状
    脚・足に関わる症状
    他の症状

    北千住駅西口、地下鉄ミルディス方面出口より徒歩2〜3分。西口ペディストリアンデッキにて、ルミネとマルイの間にあるミルディス二番館への連絡通路よりお越しください。

    整形外科全般、リハビリテーション
    〒120-0034
    東京都足立区千住3-98-301
    千住ミルディスニ番館3F
    fax.03-5813-7714
    北千住駅より徒歩2
    (メディカルフロアー)
    診療時間
    9:30〜13:00
    14:00〜18:00
    【休診】水・日・祝(土は午後休診)
    ※受付は開始10分前から終了30分前までです
    ※予約は承っておりません
    AM
    院長
    PM
    理事長
    院長 院長 院長 院長
    院長:名倉直重 理事長:名倉直孝