整形外科・リハビリテーション │ 北千住
アクセス・診療時間
整形外科・リハビリテーション │ 北千住
〒120-0034 東京都足立区千住3-98-301
千住ミルディスニ番館3F メディカルフロアー

診療内容

MEDICAL

変形性肘関節症

変形性肘関節症

変形性肘関節症は、肘関節の軟骨が摩耗し、関節の変形や痛み、動きの制限が生じる疾患です。主に農業や建設業など肘を酷使する仕事に従事する方に多く発症します。また骨折・靭帯損傷など外傷後に生じた関節不安定性も原因となり得ます。症状が進行すると、手術が必要な場合があります。

    どのような人に多いか

    肘を酷使する職業や野球・柔道などのスポーツ活動に従事する方に多く発症します。また、骨折・靭帯損傷や上腕骨離断性骨軟骨炎に起因する関節の不安定性も発症の要因となります。

    主な症状

    肘を動かす際の痛みや動きの制限があります。進行すると肘の伸展や屈曲が難しくなり、骨棘や遊離体の形成により尺骨神経が圧迫を受け手指に痺れが生じることもあります。進行すると日常の動作にも影響が及び、ドアノブを回す動作や洗顔、食事などが困難になります。

    診断

    肘の痛みや動く範囲を評価し、レントゲン写真で関節の隙間や骨棘・遊離体を評価します。より詳細な変形の評価にはCT画像検査が行われます。

    治療

    保存的治療では、肘の安静を保ち外用剤や内服薬の使用、ステロイド注射、理学療法が行われます。保存療法の効果が乏しい場合や日常生活に支障がある場合は手術が選択されます。手術では骨棘の切除や遊離体の摘出、人工肘関節置換術が行われます。

    予防のために

    肘を酷使する職業に従事する方は、無理をしないよう適切なケアが重要です。骨折や脱臼、靭帯損傷を防ぐためには安全対策が必要となります。症状が出た場合は早めに医療機関を受診してください。

    当院のご紹介

    症状やご不安がある場合は、お気軽にご相談ください。

    およそ250年前から千住の地で親しまれてきた名倉医院の分院として、その歴史の中で培われた知識や技術を土台として最新の医療を提供しております。

    ※手術やより高度な治療が必要と判断された場合は、適切な医療機関へご紹介させていただいております。

    名倉医院駅前クリニックへのアクセス

    首・肩に関わる症状
    腕・手に関わる症状

    ・手の痛み、しびれ

    腰に関わる症状
    脚・足に関わる症状
    他の症状

    北千住駅西口、地下鉄ミルディス方面出口より徒歩2〜3分。西口ペディストリアンデッキにて、ルミネとマルイの間にあるミルディス二番館への連絡通路よりお越しください。

    整形外科全般、リハビリテーション
    〒120-0034
    東京都足立区千住3-98-301
    千住ミルディスニ番館3F
    fax.03-5813-7714
    北千住駅より徒歩2
    (メディカルフロアー)
    診療時間
    9:30〜13:00
    14:00〜18:00
    【休診】水・日・祝(土は午後休診)
    ※受付は開始10分前から終了30分前までです
    ※予約は承っておりません
    AM
    院長
    PM
    理事長
    院長 院長 院長 院長
    院長:名倉直重 理事長:名倉直孝